2008年10月16日

-an- In the Game of..

――声紋、一致しました
『サーバー、テラ。チャンネル、ファイブを選択』
――接続完了 サーバーTerra,ch5に通信中です
『キャラクター、アンを起動。モードはエミュレート、シークレットはかけなくていい』
――キャラクターan emulate normalモードで接続しますがよろしいですか?
『イエス、アイハブコントロール』
――ok,ではログイン作業に入ります。しばしお待ちを


視点が砂漠へと切り替わる。この独特の服の触感はやはりまだ慣れない。新しい装備に変えてから日が浅いからだろうか。
「ちわっす」「やっほー^^」「こんー」「Ya」
 早速の挨拶が次々と飛んでくる。定番の挨拶と言えばそれまでだが、この挨拶に関しては案外侮れない。返答をしないまま数回も繰り返すと、段々と距離が離れていくと言うオマケ付きだ。
『どうもー、ちょっと急いでるから一括でゴメンね>all 』
「ラジャ」「はーい。またねー」「あいよー」「c u next」
 さあ、今日は数日ほどINしていなかっただけあって仕事が溜まっているだろう。請負業も信用命。・・・ラボに缶詰め状態だったからとも言えないしね。

砂漠に合わせた石造りの外見とは裏腹に、やけに金属質な内装の部屋に移動する。
・・・ここが私のマイルーム。友達には壁紙やぬいぐるみを置いている子もいるし、絵を飾ったり音楽を自動でかけてくれるタイプのアイテムを設置している人も多い。だが、この無機質感が私の場合は落ち着くのだ。人を招くときは少しは内装も施すが、一人の時はこの方が気楽でいい。
『サーヴァント・タイプC起動』
――5日と13時間ぶりです。案件は依頼が8件、シークレット通信が3件、プライベートヴォイスが2件届いております。こちらで処理できるものは済ませましょうか?
『お願い。シークレットはそのままで。依頼は…そうね。1件だけアナログでこなすわ』
――プライベートヴォイスは今再生しましょうか?
『後でいいわ。緊急のシグナルはまだ先みたいだし。依頼の残りをお願い』
――了解しました。では、今ある材料でこなしておきます

 私がこの世界で主に行っているのは狩りではなく、街での生活がメインの生産職だ。バックアップが専門と言ってもいい。そもそものシステムとして、依頼を持ち込んでくれる相手がいなければならない。そこはサポートの一環の「不特定依頼」で序盤にこなした依頼で付いた固定客が重要だったりする。質と値段、相手によってはコストパフォーマンス命と言う人も居たりするから、タイプを覚えるのも重要だ。

 さて、今回の依頼は固定客の中でもクセのある人物。とにかく見た目より質を重視するタイプで、部品が丸出しでもいいから少しでも軽く、そして強く。注文はうるさいけれど、でも楽しいのよね。こういった偏屈なタイプは、悪い部分の文句と、いい部分の感想を跡でしっかりとメッセージで送ってくるから。

『さて、それじゃまずは材質からね・・・』
今日も遅くまでこの件にかかりそうだ。明日のラボは休み。ゆっくりと相手がうなるような最高の品質で仕上げてあげるんだから。
posted by クルック at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 思いつき小説もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。